五行易ドットJP

占い師 藤山恭江の五行易占い鑑定相談

明治神宮の祝詞(神拝詞)

約 4 分
重要 2年以上前に更新した記事です。情報がけっこう古いかも…。

あっという間に、一年近く、ブログを、ほったらかしにしちゃって、ご心配をおかけしました。また、どうぞよろしくお願いします。

★この記事は、2016年6月20日 23:57:37 に五行易ドットJP の 藤山 恭江が書いたものです。
記事の引用は、著作権法に定める範囲内で大歓迎です\(^o^)/
引用する場合、出典元の表示として『 五行易ドットJP:明治神宮の祝詞(神拝詞) 』←『 』内の表示をお願いしますm(_ _)m
読んでいただいてうれしいです。ありがとうございます(≧▽≦)

さて、明治神宮のお札を、まつっているかたは、毎日どんな祝詞(神拝詞)を、あげていますか。

明治神宮のお守り お札 2

Copyright © Yasue FUJIYAMA All Rights Reserved.

崇敬会のまじめな会員のかたは、ご存じだと思いますが、わたしなんか、テキトーに手を合わせてただけなので、何にも知らなくって、今年になってから教えていただいた、明治神宮の神拝詞を、ご紹介したいと思います。

明治神宮の祝詞

Copyright © Yasue FUJIYAMA All Rights Reserved.

神社本庁からでている、神拝詞と、ほんのちょっとだけ違いますが、ほとんど同じです。

神拝詞

Copyright © Yasue FUJIYAMA All Rights Reserved.

コピペ用は、以下をどうぞ。

()けまくも(かしこ)明治神宮(めいじじんぐう)大前(おおまえ)(かしこ)(かしこ)みも(もう)さく (産土神社など、参拝する神社名を入れて奏上する)

大神(おおかみ)(たち)(ひろ)(あつ)御恵(みめぐみ)(かたじけな)(まつ)(たか)(とうと)神教(みおしえ)(まにま)天皇(すめらみこと)(あお)(まつ)(なお)(ただ)しき真心(まごころ)()ちて (まこと)(みち)(たが)ふことなく ()()(わざ)(はげ)ましめ(たま)家門(いえかど)(たか)()(すこやか)()のため(ひと)のために(つく)さしめ(たま)へと (かしこ)(かしこ)みも(もう)

明治神宮崇敬会 会員実践綱領

About the Author: Yasue FUJIYAMA

Kaiun Uranai .com Ltd.五行易鑑定士藤山 恭江
1964(昭和39)年うまれ。高校2年より占いを勉強。
19歳でプロになると同時に、占い教室もはじめ、その後、五行易(ごぎょうえき)と出会う。
趣味は、このサイトを作ること、読書、神社・お寺への参拝。東京都世田谷区在住。
★メールでのご連絡はこちらから★