五行易ドットJP

占い師 藤山恭江の五行易占い鑑定相談

浅草寺ほおずき市と四万六千日

約 3 分
重要 1年以上前に更新した記事です。情報がけっこう古いかも…。

昨日、浅草寺の功徳日である、四万六千日にいってきました。

浅草寺は、観音様がご本尊で、観音様の縁日は、毎月18日なのですが、室町時代以降に、「功徳日(くどくび)」という縁日が、今までの縁日にプラスされました。

たとえば、6月18日にお参りすれば、400日お参りしたのと、同じ功徳が得られるとされてまして、昨日1日のお参りだけで、4万6千日(約126年分)お参りしたのと、同じ功徳が得られる!ということに、なってます。

★この記事は、2016年7月11日 21:02:04 に五行易ドットJP の 藤山 恭江が書いたものです。
記事の引用は、著作権法に定める範囲内で大歓迎です\(^o^)/
引用する場合、出典元の表示として『 五行易ドットJP:浅草寺ほおずき市と四万六千日 』←『 』内の表示をお願いしますm(_ _)m
読んでいただいてうれしいです。ありがとうございます(≧▽≦)

四万六千日の雷門

Copyright © Yasue FUJIYAMA All Rights Reserved.

わたしは、午後2時のお勤めに参列しましたが、本堂内陣は、次から次へとご祈祷に参列する人で埋め尽くされ、参列者の中には、中国語らしき言葉を話す、ご僧侶様も、3人程いらっしゃるのを、見かけました。

また、外陣のお賽銭箱の前は長蛇の列で、内陣のほうが、まだましという感じでした。

四万六千日のお札など

Copyright © Yasue FUJIYAMA All Rights Reserved.

四万六千日は、黄色のご祈祷札になります。こちらの画像のは、紙製のお札なので、3千円です。お供物はお砂糖でした。

三角で串に刺したお札は、雷除(かみなりよけ)札で、かみなりでデータが飛ばないように…という願いを込めて、パソコンにひっつけてます。一体500円。

赤い紐のついたお守りは、災難除(さいなんよけ)守で、雷だけじゃなくて、災難全般から身を守ってくれるそうです。一体800円。

お参りを済ませたあと、ほおずき市を見て回りました。

ほおずき市

Copyright © Yasue FUJIYAMA All Rights Reserved.

ほおずきのお値段

Copyright © Yasue FUJIYAMA All Rights Reserved.

昨年は、一鉢、購入しました。「1週間も持たずに、枯れるよ」と、販売しているかたに、伺ったのですが、一年近くも元気でいてくれました。

長持ちしてくれて、とてもうれしかった反面、狭い家なので、ほおずきの置き場所に困ったので、今回は、ほおずきが3個、竹籠に入った、500円のを購入しました。

ほおずき

Copyright © Yasue FUJIYAMA All Rights Reserved.

お賽銭箱から、遠く離れたところからしか、お参りする根性がありませんでしたが、ご本尊の裏側にいらっしゃる、ウラ観音様も含めて、お参りできたので、感謝感謝でした。

About the Author: Yasue FUJIYAMA

Kaiun Uranai .com Ltd.五行易鑑定士藤山 恭江
1964(昭和39)年うまれ。高校2年より占いを勉強。
19歳でプロになると同時に、占い教室もはじめ、その後、五行易(ごぎょうえき)と出会う。
趣味は、このサイトを作ること、読書、神社・お寺への参拝。東京都世田谷区在住。
★メールでのご連絡はこちらから★